"スポーツコラム"の記事一覧

牛島辰熊

再び「木村政彦はなぜ・・・」から   前半を読み終わって、一番のインパクトが強かったのは、木村政彦本人ではなく、むしろその師匠である、鬼の牛島こと牛島辰熊!   とにかく真っ直ぐな人物です。   師弟関係でありながら、柔道以外はまるでちゃらんぽらんな木村とは対照的に頑固で真っ直ぐで曲がった事は許…

続きを読むread more

高専柔道の浪漫!

再び「木村政彦はなぜ・・・」の記事です。   柔道黎明期に日本に柔道を普及し、当時最強と言われたのは嘉納治五郎の講道館と言われています。   古武術としての柔術に「道」と名づけ人間形成、育成を目的とし、スポーツとして昇華させたのが日本体育の父と言われ、初代大日本体育協会会長 嘉納治五郎が起こした「講道館」 …

続きを読むread more

「剛よく柔を断つ」

増田俊也「木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか」を読みました。   この本はまだ読みかけなので、全体の感想はまた別の機会に書くとして、読みかけながら、面白い部分が既にいくつもあったので、紹介したいと思います。       まずこの木村政彦ですが、史上最強の柔道家と言われた人です。…

続きを読むread more