2014ボート日本代表!

2014年ボート日本代表が正式決定しました!
 
最終選考レースが終わったのは10日前だったのですが、最終的な日本ボート協会のウエブでの発表がなく、ブログでも紹介できずにイライラしていましたが、ようやく正式発表となったので記事にします。
 
やりました!
 
デンソー末廣選手!
 
昨年に引き続き2年連続の代表決定です。
 
二年連続ですが、昨年の代表とは一味違う嬉しさです。
 
イメージ 1
 
昨年とは違い、今年の選考レースでは常に上位に位置し、最終レースでもはっきりとした差をつけ、実力と勝負強さを見せつけた選考レースでした。
 
イメージ 2
 
 
昨日は代表合宿からチームに戻り久々にストレングスに参加した末廣選手。
 
MACとの会話の中でこんな事を語ってくれました。
 
「代表選考で勝てるだけのフィジカルを作るのに随分長く掛かった(7年)けど、長く掛かったからこそ、体にしっかりと筋力が定着している感じがします」
 
いい言葉です。
 
辛抱強く努力を継続し培ってきたからこそ出てくる言葉です。
 
長い時間を掛けてフィジカルを作ってきた人間にしか理解できない感覚であり、領域です。
 
その言葉に対してMACが返した言葉は
「長い時間を掛けて培った筋力やパワーは体に深く根付いている。そうやって作ったフィジカルはこれから海外遠征などで、高強度ストレングスを長期間実施できない時でもさほど落とさずにキープできる!だてに時間を掛けたわけじゃない。費やした時間は必ず生きてくる」
 
デンソーチーム入部時はとにかく筋力不足だった彼女ですが、一歩一歩着実にフィットネスを培ってきました。
 
彼女が7年掛けて作ったフィットネスを1年、2年で作り上げてしまう様な恵まれた筋質を持つ選手はいるでしょう。
 
しかしながら、そうやって短期間で作ったフィットネスはまた短期間のデイトレーニングで喪失してしまうものです。
 
彼女の様に長くかけて培ったものは筋肉の奥深くにマッスルメモリーとして刻まれていることでしょう。
 
この1年、彼女が特に進化したと感じる部分はコアの強さ!
 
筋パワーとしてはデンソーチームの中では平凡ですが、このコアの強さは大きな進化遂げました。
 
昨年とは一味違う世界選手権での活躍が見られと思います。
 
 
さて、そんな彼女を見て、自分も頑張らねばと、本日もマイストレングスメニューをしっかりこなしたMACです。
 
胸筋 3種目計10セット、上腕二頭筋3種目計6セット、腹筋2種目計6セットしっかりこなし、晩御飯は中落ちカルビと蛸キムチのサラダ!
 
イメージ 3
 
 
ただ単にダイエット食なら、巷に溢れるダイエットメニューの様に徹底してカロリーを抑えればいいのですが、それでは筋力、筋量を落としてしまいます。
 
炭水化物は抑えてますが、タンパク質はしっかり摂らないといけません。
 
本日のメニューは多少脂質も含まれますが、脂肪も筋肉を作るキーワードとなるテストステロン値の維持、脂溶性ビタミンの輸送に必要です。
 
そんなわけで、今日は中落ちカルビをトッピングしてしまいました。
 
もちろんこれはアメリカ産の中落ちでコストパフォーマンスの高い牛肉です(#^.^#)